くすりの部屋


目次


1999年8月24日、厚生労働省の前庭に、「薬害根絶 誓いの碑」が建立されました。サリドマイド・スモン・薬害エイズなどの悲惨な薬害を引き起こした反省と謝罪のためでした。けれど、防ごうとすれば防げたはずの薬をめぐる悲劇はあとをたちません。過去から、海外・国内の現場から学ぶために、この部屋を設けました。
1989年に書いた「かかりつけ薬局」の社説を元日本薬剤師会会長の佐谷圭一さんが「薬の道のり」に引用してくださいました。
○小児神経専門の臨床医からみた「子宮頸がんワクチン」というもの 横浜市立大学名誉教授・横田俊平さん 2015.6.18 国際医療福祉大学大学院公開講義の短縮版PDF詳細版パワボ
国内の製薬会社72社が2013年度に医師に支払った講演料や原稿料35万件、総額薬00億円を朝日新聞が独自に集計した「これぞ調査報道」という快挙です。3000万円の副収入を製薬会社から受けたた6人の医師も実名医療で記載されています。
第1章 カネで動いた子宮頸がんワクチン/第2章 薬漬けにされるニッポン人/第3章 製薬会社のカネに依存する医学界/第4章 癒着を引き剥がす処方箋
『子宮頸がんワクチン事件』 斎藤貴男さん(集英社)
第1章 論争/ 第2章 被害者たち/第3章 マーケティング/第4章 医師たち/第5章 国際的スキャンダル/第6章 ワクチン・ビジネスの世界/ 第7章 GSKとMSDの回答
fmj2MLの私の投稿に共感してくださった金沢大産婦人科講師(当時)の打出喜義さんが、HPV研究や予防ワクチン開発に取り組んできた金沢医大産婦人科准教授の笹川寿之さんの協力をえて警鐘をならしてくださいました。
「専門家会議」とモナコの国際学会招待への懸念 2010.2.6 fmj2MLにゆき投稿
取り残された被害少女たち 朝日新聞社会部 斎藤智子さん(週刊朝日 2015.5)
「子宮頸がんワクチン」と称するものが、癌の予防につながらないばかりか、場合によっては、認知症のような症状まで起こすことを警告してきました。これに対して、「海外ではそんな被害は出ていない」というのが推進を唱える方々の主張でした。それを覆すTBSのnews23で放映された映像です。国立フレデリクスベア病院の医師たちが日本と共同で実態究明を始めています。
「被害者の実態〜聞き取り調査結果より〜」……弁護士・後藤真紀子さん
世界初のがん予防ワクチンとは/「子宮頸がんワクチン」と呼ぶ欺瞞/「気のせいだ」と言い放つ医者や行政/自分の名前すら分からなくなった高校生/「専門家会議」への公開質問書/圧倒的な物量作戦/HPVワクチンの起爆剤にしよう/予防接種は国家経営そのもの
日本では、製薬会社から広告費や協賛金をもらっていない医薬品関係の雑誌は、ほんのわずかしかありません。
編集長の別府宏圀医師はスモン以来、薬害問題の解決、医薬品の適正使用、エビデンスに基づいた正しい治療の普及に熱心に取り組んできた神経内科医です。
2009年、子宮頸がんの予防ワクチンが発売されました。接種費用の公費助成を求めて、がん専門医やタレントを動員したキャンペーンが展開されています。万能であるかのような誤解を広めかねない現状に、2人の産婦人科医が週刊朝日で警鐘を鳴らしました。 (N Engl J Medなどの文献付き)
◇ 第4回薬害根絶フォーラム「知ってほしい薬害発生のメカニズム」(2002/11/16)
大阪大学のボランティア人間科学研究科の授業の1コマとして、学生・院生が聴講させていただき、テープ起こししたものです。
第1部 薬害被害の実態報告
第2部 なぜ薬害が多発するのか

トップページに戻る