医療福祉と財源の部屋
目次
社会保障・税一体改革の基本的考え方/2.社会保障改革のポイント
3.一体改革の現場で思うこと/4.閣僚による「全国行脚」/院生・聴講生との意見交換
内閣府官房社会保障改革室 内閣審議官(当時) 香取照幸さんの国際医療福祉大学院での講義録2012.7.5
在スウェーデン日本国特命全権大使・渡邉芳樹さんの講演2012.1
医療・福祉を充実するためには消費税4%分が必要というシミュレーションに続き、年金も加えた試算が、2008年11月4日報告されました。
「経済財政諮問会議の議論は、社会保障の負担面ばかりに焦点が当てられてきました。国民が安心して暮らすためにどのような社会保障サービスが必要なのかということが基本にされるべきであります」と尾辻さんが総理に詰め寄って反響を呼んだ演説を、即日アップしました。
病床で「ILOへの申立書」の筆をとった丸山さんの渾身の訴えです。12月5日、小倉昌男賞特別賞の授賞式で、ご子息が読み上げられました。

トップページに戻る