(※はその方についての、このホームページ内の関連記事へのリンクです)
(「資料」はパワーポイントを画像化したhtmlファイルです。スライド数が多いものは分割してあります。)

■2016.4.16 SAT■

ことしもまた、新たなえにしを結ぶ会’16 !!

4月16日(土)プレスセンターホール&イイノホール

ブログラム(表紙…日程)

シンポジウムの映像をユーチューブにしました(*^―^*)。クリックしてくださいませ。
☆★第1部「さまざまに輝く・その若き仕掛け人たち〜地域篇」
☆★第2部「認知症になっても精神病院に入れないで!」
☆★第3部「さまざまに輝く・その仕掛け人たち〜戦略会議」
パソコン文字通訳(字幕)も映っています。
☆★居酒屋での反省会には沖縄の三線(サンシン)も飛び出しました。
第1部のpanelistコング仲地さんの名人芸に、踊りだすみなさん
撮影は、立命館大学准教授で撮影ボランティアの山口 洋典さん
ビデオ1 ビデオ2

◆◇◆「つどい」7つのシキタリ

◆◇◆おみやげは、「新たなえにし」+α

アルバム1〜7は、写真ボランティアの渡部新太郎さん撮影

10:00 裏方ボランティア始動!!!!! アルバム1
12:00 受付スタート 開場  ♪えにしむすびたい・む T♪
13:00 開会

13:05〜14:30
第1部 「さまざまに輝く・その若き仕掛け人たち〜地域篇」 アルバム2
コーディネーター:熊田佳代子さん(NHKチーフプロデューサー)
第1回糸賀一雄記念未来賞を受賞したばかり、障害・年齢を超えた「ごちゃまぜ福祉」の大原祐介さん
なぜ、恋する豚研究所? 代表取締役 飯田大輔さん
人気の焼肉店「キングコング・パラダイス」の店主は、作業療法士で三線の名手 仲地宗幸さんパワポ

14:30〜15:00 ♪えにしむすびたい・む U♪  アルバム3

15:00〜16:15 第2部 「認知症になっても精神病院に入れないで!」 アルバム4
コーディネーター:竹端寛さん(山梨学院大学法学部政治行政学科教授)
著書「認知症 医療の限界、ケアの可能性」で評判の精神科医 上野秀樹さん
認知症のイメージを変える 日本医学ジャーナリスト協会賞受賞の当事者 樋口直美さん
論文「“白雪姫の毒リンゴ・知らぬが仏の毒みかん”」でも知られる 精神科医 高木俊介さん

16:30〜17:30
サンドイッチを食べながらながら ♪えにしむすびたい・むV♪ アルバム5

17:30〜20:30
第3部 「さまざまに輝く・その仕掛け人たち〜戦略会議」 アルバム6

コーディネーター:大久保真紀さん(朝日新聞編集委員)
オリンピックまでに同性婚を正式に EMA日本代表 寺田和弘さん
暮らしの保健室からマギーズ東京へ さらに羽ばたくナースの星 秋山正子さん
ワークライフバランス支援とダイバーシティ経営のご意見番 佐藤博樹さん
障害者差別解消法の論客 聾の弁護士 田門浩さんパワポ
テレビドラマの主人公にもなった全盲の弁護士 大胡田誠さん
自立は依存先を増やすこと 希望は絶望を分かち合うこと 電動車いすの小児科医 熊谷晋一郎さん

番外編・居酒屋アルバム7

「くまもん募金・震度7の熊本県益城町の森枝敏郎さんからのご報告」

総合司会
テレビディレクター 市川衛さん(博士課程)
メディカル翻訳家・ライター 西村多寿子さん(博士課程)




■2015.4.18 SAT■

ことしもまた、新たなえにしを結ぶ会’15 !!

4月18日(土)プレスセンターホール&イイノホール

プログラム 【テキスト】

シンポジウムの映像をユーチューブにしました(*^―^*)。クリックしてくださいませ。
☆★第1部「女の度胸が、医療を変える」
☆★第2部「地域包括〜ニセモノ・ホンモノ〜混沌篇」
☆★第3部「地域包括〜ニセモノ・ホンモノ〜創造篇」
パソコン文字通訳(字幕)も映っています。

「新たなえにし」が結ばれた会場風景 (渡部新太郎さん撮影)
★朝★ 裏方ボランティア大奮闘
★昼★ 籖引きで、思いがけない出会い
★夜★ フロアの論客からも、続々手が上がって
★深夜★居酒屋で、またまた意外な出会いが

◇第1部 濃縮シンポジウム「女の度胸が、医療を変える」 (13時5分〜14時45分)

♪プレスセンターホールで、えにしむすびたい・む♪ (14時45分〜15時15分)

◇第2部 濃縮シンポ「地域包括〜ニセモノ・ホンモノ〜混沌篇」(15時15分〜16時15分)

♪イイノホールに移動 サンドイッチをつまみながらのえにしむすびたい・む♪(16時45分〜17時30分)

◇夜の第3部 フロアのみなさまを交えての 立体シンポ「地域包括〜ニセモノ・ホンモノ〜創造篇」(17時30分〜20時30分)
☆コーディネーター:一橋大学大学院教授 猪飼周平さん
☆コーディネーター:朝日新聞しんぶんきしゃ 生井久美子さん
39歳でアルツハイマー型認知症と診断されたトップセールスマン  現在ネッツトヨタ勤務 丹野智文さん
食べること 生きること〜最期まで食べられるまちをつくる 【テキスト】 新宿食支援研究会代表 五島朋幸さん
次世代に残すケア文化の模索 【テキスト】 あおいけあ代表取締役社長&こま使い 加藤忠相さん
住まいと暮らしと誇りを支える福祉用具 【テキスト】 全国福祉用具専門相談員協会理事長 岩元文雄さん
病院がなくなっても幸せに暮らせる夕張市民 【テキスト】 元夕張市立診療所所長 森田洋之さん
地域を繋ぎ“住み慣れた家での生活”をつくる 【テキスト】 社会福祉士 猿渡進平さん
★厚生労働省保険局長 唐澤剛さん
★近江市永源寺診療所 花戸貴司さん 東近江魅知普請曼陀羅 【テキスト】
地域包括ケアを残して旅立った小山剛さんの戦略と遺言 【テキスト】
おみやげは「新たなえにし」 【テキスト】
「つどい」の7つのシキタリ 【テキスト】



■2014.4.19 SAT■

ことしもまた、新たなえにしを結ぶ会’14 !!

☆大阪ボランティア協会常務理事、誰でも乗れる地下鉄を!初代事務局長 早瀬 昇さん
★内閣府障害者政策委員長、全盲の社会字者 石川 准さん
★厚生労働省障害保健福祉部長 蒲原 基道さん
手話条例をつくった鳥取県知事  平井 伸治さん
平井さんのパワポ
平井知事が手話を使って踊る「恋するフォーチュンクッキー鳥取県Ver」
資料・障害者権利条約の話(日本障害者リハビリテーション協会とユニセフのご厚意によりリンク) ★資料・差別解消法って何?(日本障害者フォーラムのご厚意によりリンク)、

♪えにし結びたい・む♪

新婚ホヤホヤ のレズビアンカップル。マイノリティと医療 について提言中の
聖路加国際大学看護学部4年 山下奈緒子さん
群馬大学医学部医学科6年 清水真央さん
★元暴走族。喧嘩で大怪我を負わせて少年院へ。孤独な少年たちの居場所 をつくる
「セカンドチャンス!」 代表、4児の父になったばかりの才門辰史さん
★骨形成不全症の身で、あえて、出産した
安積遊歩さん
同じ症状をもち、英語堪能な17歳の少女に育った宇宙(うみ)ちゃん
☆大学院卒業後、医学部受験に挑戦中、UFOにちなんだおなじ名前の金谷勇歩さん

    ♪次の会場へと移動しながら、えにし結びたい・む♪ 
◆第3部 大研究:日本における利益相反と癒着の構造
〜〜学界・業界・政界・官界・メディアの利権としがらみ〜〜
検討委員は誰の味方?(隈本邦彦さん)
「専門家会議」の利益相反(鳥集 徹さん)
政治家は、こう動く(鳥集 徹さん)
宣伝に貢献したジャーナリズム(鳥集 徹さん)
WHO(世界保健機関)、あなたまで!(太田美智子さん)
ロビイストはこう暗躍する(野中大樹さん)
臨床試験は医師と企業の仲良しクラブ(桑島 巌さん)
大学病院は製薬会社附属研究所なの?(鳥集 徹さん)
私は見た!大学病院と製薬会社の二人三脚(打出喜義さん)
こんな診療ガイドラインを信用できる?(鳥集 徹さん)
それはボールペンから始まりました(上野秀樹さん)
精神科病院「病棟転換」政策の裏にも利益相反が(長谷川利夫さん)
「不必要な医療」は禍のもと(勝村久司さん)
薬害の歴史は利益相反の歴史(隈本邦彦さん)
イレッサ薬害は利益相反のカタマリ(水口真寿美さん)
乱用される高齢者の薬にみる利益相反(上野秀樹さん)
記事を装った広告の恐ろしさ(北澤京子さん)
医療情報の演出で視聴率稼ぎ(匿名TVディレクター)
利益相反論文に仕込まれた販売戦略(打出喜義さん)
地獄への道は、善意の小石で敷きつめられて(打出喜義さん)
"見えざる利益相反"との戦い(別府宏圀さん)
海外の利益相反退治(隈本邦彦さん)
利益相反をどう見抜くか(水口真寿美さん)
医師の職業意識改善こそカギ(打出喜義さん)
情報公開が癒着を防ぐ(岩川 徹さん)
薬害防止に労働組合も一役(北野静雄さん)
利益相反と決別するには(鳥集 徹さん)
ハラハラドキドキ・裏方ボランティア物語  【テキスト】
おみやげは「新たなえにし」o(^^o) (o^^o) (o^^)o



■2013.4.27 SAT■
■2012.4.21 SAT■

ことしもまた、新たなえにしを結ぶ会’12 !!

★おみやげは「新たなえにし」o(^^o) (o^^o) (o^^)o★
★第1部のプログラム文字と写真の記録
★第2部のプログラム★
★第3部のプログラム★第3部冒頭・与謝野馨さんのブレゼン・文字と写真の記録

クリックして、ビデオをご覧ください。
「もっと見る」をクリックすると、それぞれの登壇者の発言が始まる時間がおわかりになります。

◆◇第1部◆
濃縮シンポジウム「いろんな人が生きられるまちに」
◆◇第2部◆
濃縮シンポ「東日本震災で、まだ、本気では語られていないこと」
+風評被害のいわきから「カラフルミニトマト」が到着!!!!!!!
◆◇第3部◆
大討論会「どう変える〜日本のすべての人の未来〜社会保障と税の一体改革をめぐって〜」
与謝野馨さんのプレゼンに続いて、豪華大討論会

◆第1部 濃縮シンポジウム「いろんな人が生きられるまちに」
「塀の中」でオムツ交換して日本の福祉の現実に出会った 元国会議員山本譲司さん
リハビリ革命を起した「夢のみずうみ村」の 藤原茂さん
★「病院で死ぬということ」⇒ホスピス⇒在宅ホスピス⇒まちづくり と広がる 山崎章郎さん
☆世田谷区長として、23区から日本を変えようとする 元国会議員 保坂展人さん

コーディネーター:朝日新聞デジタル編集部次長の高橋美佐子さん


♪えにしむすびたい・む♪

◆第2部 濃縮シンポ「東日本震災で、まだ、本気では語られていないこと」
★耳の不自由な被災者救援に駆け回った全日本ろうあ連盟事務局長 久松三二さん
★阪神大震災の経験を東日本支援に活かした神戸アイライト協会長でご自身も盲の 新阜義弘さん
★広島・長崎・チェルノブイリを長期継続調査した長崎大名誉教授・長瀧重信さん
★「支える人を支える」ために、縁の下の力持ちを続ける 全国コミュニティライフサポートセンター理事長の 池田昌弘さん

コーディネーター:毎日新聞編集委員の小島正美さん


♪えにしを結びつつ、移動して♪

◆第3部 大討論会「どう変える〜日本のすべての人の未来
社会保障と税の一体改革をめぐって〜」
★菅政権時代、野党から、社会保障・税一体改革担当大臣に迎えられた 与謝野馨さん
★社会保障改革に関する有識者検討会座長をつとめた・北海道大教授の 宮本太郎さん
★こども支援分野を代表して 子育てひろば全国連絡協議会理事長の 奥山千鶴子さん
★障害のある人を代表して、聴覚障害と視覚障害をあわせもつ東大教授・福島智さん
★診療報酬と医療政策の観点から 中央社会保険医療協議会 森田朗さ
☆若者を代表して 篠原雄之さん
「よりそいホットライン」を開設して日本の崩壊に愕然とした・宮古の前市長 熊坂義裕さん
☆厚生労働省 社会・援護局長 山崎史郎さん
☆内閣府政策統括官(共生社会政策担当)兼自殺対策推進室長 村木厚子さん
そして、フロアから、次々と。。。

コーディネーター:読売新聞社会保障部次長の猪熊律子さん


■2011.8.6■
★清水陽一さんを偲び、うそをつかない 医療・文化を広げる「えにし」を結ぶ会★

「偲ぶ会を“えにし風に”」という遺言で開かれた集いの記録と遺稿・追悼集です。
【プログラム】
「ああおもしろかった」と昇天するイラストは、大学院の公開講義2010秋「現場に学ぶ医療福祉倫理」の清水さんの講義のパワボの最後のページです。
【記録篇】
第1部「偲ぶ篇」に続き、第2部「未来篇」は、遺族、ジャーナリスト、弁護士、NGO仲間、行政官、病院長によるパネルディスカッションです。(テープ起しは大学院生の太田美智子さん)
【2010.8.6に配布された追悼集】 「隠さず・逃げず・ごまかさない」という清水さんの遺稿、25人から寄せられた追悼文。最後のページに清水さんの笑顔が。特技をもつ院生・神保康子さんが、すべて、レイアウトしてくださいました。


■2011.4.23■
★プログラム・昼の部★
★プログラム・夜の部★
★震災報告+つどいの由来★
◆第1部 認知症になっても住みなれた街で


◆第2部 医療と福祉の質と費用を考える
在宅ケアを支える診療所全国ネットワーク全国世話人・太田秀樹さん
地域包括ケアを実践する・高齢者総合ケアセンターこぶし園小山剛さん
口腔ケア世界一のまちづくりでスウェーデンから名誉博士号を受けた熊谷崇さん
おひとりさまユーザー代表の社会学者・上野千鶴子さん
最年少首長から、国保中央会をへて、診療報酬支払基金理事長の河内山哲朗さん
朝日新聞論説委員(社会保障担当)浜田陽太郎さん

◆第3部 さまざまな運命・さまざまな挑戦
冤罪に見舞われた 村木厚子さん夫妻
福祉の町の元町長 岩川徹さん夫妻
参議院議員川田龍平さん
恋のノーマライゼーション べてるの家のみなさん
検察のリークに引きずられなかった毎日新聞司法キャップ・玉木達也さん

総合司会
永井裕之さん…国際医療福祉大学大学院医療福祉ジャーナリズム院生
藤原瑠美さん…国際医療福祉大学大学院医療福祉ジャーナリズム院生

■2010.4.24■
★プログラム+資料・昼の部★
★資料・夜の部★
★資料・夜の部2★
★病床の浅野史郎さんからのメッセージ
★冤罪で、囚われの身になった村木厚子さんからのメッセージ
★冤罪で、いまも拘置所の岩川徹さんを支援する会からのメッセージ

総合司会 杉本浩司さん、小川陽子さん

☆第1部「この10年〜様々な挑戦〜」
「人を動かすのは感動」を実践する「やねだん」のリーダー…豊重哲郎さん
世界初の盲聾の大学教授(東京大学先端科学技術研究センター教授)…福島智さん
「うそをつかない医療」「患者と医療者の架け橋」を実践中の…豊田郁子さん
「たまゆら」の被災者にも個室と居場所で支援している山谷・ふるさとの会の…水田恵さん
コーディネーター…元NHK記者で、江戸川大学教授の隈本邦彦さん

☆♪ 「えにし結び名簿」を手に、席を離れての「えにし結びたい・む」 ♪

資料 介護保険の“猛母”…樋口恵子さん
“ミスター介護保険”…山崎史郎さん
高齢者介護・自立支援システム研究会(通称、大森研)の…大森彌さん
自・社・さ政権・福祉プロジェクトの自民党のキーマンだった…衛藤晨一さん
自・社・さ政権・福祉プロジェクトの社会党のキーマンだった…五島正規さん
“介護保険の産婆”を名乗る いまは阪大教授の…堤修三さん
☆☆岩波書店から発刊されたホヤホヤの本『物語・介護保険』に登場なさっている方々です☆☆
コーディネーター 福祉と医療・現場と政策をつなぐ「えにし」ネット 志の縁結び係&小間使い・大熊由紀子さん

コーディネーター…毎日新聞の野沢和弘さんと朝日新聞の岡本峰子さん
幻覚&妄想大会・当事者研究で人々の目から鱗を剥がしたべてるの家の…向谷地生良さん
高齢・障害・児童の「制度の壁」を壊した「このゆびとーまれ」の…惣万佳代子さん
高齢者施設を解体中の…小山剛さん
認知症で、独居の癌患者を、自宅で看取る実践を続けている…小笠原文雄さん
市ヶ谷のマザーテレサ・訪問ナースのパイオニア…秋山正子さん
DPI(障害者インターナショナル日本会議)事務局長の…尾上浩二さん
在宅ケアを支える診療所・市民全国ネットワーク代表…黒岩卓夫さん
厚生労働省老健局長…宮島俊彦さん
☆☆フロアから、自室のある特養のさきがけ「風の村」の池田徹さん、特養の雑居化を憂える横浜市介護保険ン課長・松本均さん、「かあさんの家」の市原美穂さん、「ふるさとの家」の滝脇憲さん、日経新聞の浅川澄一さん、スウェーデンに詳しい藤原瑠美さん、「ナースが一人でも開業できるように」と訴えている菅原由美さん、これに異論がある伊藤雅治さん、当選ほやほやの浦河町長・池田拓さん、2009年の「えにし」に登壇された2人の教授・権丈善一さん、高橋紘士さん、など、現場と論客の多彩なみなさまが飛び入りして 徹底討論して提案☆☆

■2009.4.25■
☆第1部 濃縮シンポT「医療・福祉の政策は、選挙で変える」
権丈善一さん(慶応義塾大学商学部教授)(配布資料)(講演準備原稿
 「小さすぎる政府の医療政策と日本の医療保険〜足りないのはアイデアではなく財源である〜」
高橋紘士さん(立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科教授)
 「日本はなぜ小さな政府になったか〜その来歴を考える。そして21世紀型ケアシステムへの転換へ」
おふたりに疑問をぶつけながらの進行役
●板垣哲也さん(朝日新聞論説委員)
●飯野奈津子さん(NHK解説委員→生活情報部長)

☆♪ 「えにし結び名簿」を手に、席を離れての「えにし結びたい・む」 ♪

☆第2部「さまざまな挑戦」
内野直樹さん (プログラムから)(パワーポイント資料
……「すべて真実を話します」と掲げ、率直に謝る運動を多くの病院にひろめている産婦人科が専門の病院長
早瀬久美さん (プログラムから)(当日のパワーポイント
……日本初の聾の薬剤師。昭和大学病院に聴覚障害のある人のためのしくみを構築。
中野一司さん (プログラムから) (配布資料)(当日のパワーポイント)
……電子カルテ、インターネット、携帯を道具に、新しいかたちの在宅ケアシステムを開発した診療所長で、鹿児島大臨床教授。この春、900人を集めた在宅医学会の大会長。
綾屋紗月さん&熊谷晋一郎さん (プログラムから) (パワーポイント資料
……緊張すると手話でしか話せないアスペルガー症候群の女性とパートナーの車いす利用者の小児科医
埴岡健一さん (プログラムから)(配布資料)(当日のパワーポイント
……国民自身でつくる政策と予算案を舛添大臣に提言したばかりの
   日本医療政策機構理事、市民医療協議会共同議長、がん政策情報センター長
進行役は、
●読売新聞「医療ルネサンス」の育ての親、いまは、わが同僚、国際医療福祉大学大学院教授の丸木一成さん


■2008.4.26■

★プログラム(pdf)★

総合司会 根岸親さん、福島容子さん

元厚生労働大臣 尾辻秀久さん(※目からウロコのメッセージの部屋
千葉県知事 堂本暁子さん
鳥取県南部町町長 坂本昭文さん(※医療福祉と財源の部屋
コーディネーターを兼ねて 高齢社会をよくする女性の会理事長 樋口恵子さん(※福祉人材とコムスン問題の部屋
☆♪ 「えにし結び名簿」を手に、席を離れての「えにし結びたい・む」 ♪
第2部「医療崩壊の真実」
産婦人科医の立場から 医療の良心を守る市民の会設立発起人 打出喜義さん資料コメント付のパワーポイント版資料
ナースの立場から 日本看護協会長 久常節子さん資料
元厚生労働省局長+小児科医の母の立場から 資生堂副社長 岩田喜美枝さん資料
がん患者の立場から 読売新聞記者 本田麻由美さん資料
法律家の立場から 弁護士 石川寛俊さん資料
コーディネーター NHKチーフアナウンサー 内多勝康さん資料
「2万人にひとり」が出会った 相羽大輔さん・矢吹康夫さん・石井更幸さん
千葉の条例を支えた障害当事者たち 植野慶也さん
ハンディが重くても、愛する人と、故郷の町で 田島良昭さん
夢を運ぶ、ふわりの風 戸枝陽基さん
帯広・十勝、町で暮らす、志のネットワーク 門屋充郎さん
「十人十色」のさりげないケア 安岡厚子さん
命の輪をつなぐ自死遺児たち 山口和浩さん
フロアから 「優しき挑戦者の部屋」にご登場のみなさん + 山本ゆきさん
コーディネーター 大阪ボランティア協会事務局長 早瀬昇さん

■2007.5.26■

総合司会 竹端 寛 さん

☆濃縮シンポジウム 「輝いて、自宅で 〜終わりよければすべてよし〜」
医療改革担当の厚生労働省総括審議官 宮島俊彦 さん<資料(パワーポイント)
往診診療専門の長靴をはいたお医者さん 川島孝一郎 さん<資料(パワーポイント)
訪問看護の草分け・在宅看護研究センター代表 村松静子 さん<資料資料(パワーポイント)
介護現場歴37年・日本介護福祉士会名誉会長 田中雅子 さん<資料(パワーポイント)
「終わりよければすべてよし」「安心して老いるために」の記録映画作家 羽田澄子 さん<資料(リンク)
在宅医療推進プロジェクトの元締・国立長寿医療センター総長 大島伸一 さん<資料(パワーポイント)
<コーディネーター>目白大学教授・元毎日新聞社論説委員 宮武剛 さん
☆♪ 「えにし結び名簿」を手に、席を離れての「えにし結びたい・む」 ♪
☆トークライブ 「様々な挑戦」
「経産省の課長補佐、ただいま育休中」で名を馳せた 山田正人 さん/西垣淳子 さん
元祖『怪傑ハウスハズバンド』 村瀬春樹 さん/ゆみこ・ながい・むらせ さん<資料(パワーポイント)
「本人の願う暮らし」を支える長野県西駒郷地域生活支援センター所長 山田優 さん<資料(パワーポイント)
障害差別をなくす千葉県の条例の中心人物、毎日新聞社夕刊編集部長 野沢和弘 さん
NHKをやめて、「自殺対策基本法」制定に奔走したライフリンク代表 清水康之 さん<資料(パワーポイント)
進行がんを告白、「がん対策基本法」制定に尽力した参議院議員 山本孝史 さん
<コーディネーター>朝日新聞社論説委員 川名紀美 さん
☆“シンポジウム風”二次会
「真のリハビリは急性期病院から」と説く石川誠さん<資料(パワーポイント)>に続き、佐藤智/辻哲夫/向谷地生良/竜崇正/依田晶男/大和田幸子/柴田範子/山崎章郎/浅川澄一/上村数洋/川尻良夫/堀田聰子/柳尚夫/村瀬ゆみこ&春樹/大島一博/小澤竹俊/川島孝一郎/堂本暁子のみなさんが様々な角度からp(^-^)q
☆お配りした「土曜もあいているお店」を手にお好み二次会、三次会
東京のあちこちで(^_-)-☆

■2006.5.13■

惣万佳代子さん 富山方式の生みの母、「このゆびとーまれ」代表<資料>(※優しき挑戦者の部屋・国内編22話23話
妻屋 明さん 全国脊髄損傷者連合会理事長<資料>(※患者体験者と遺族に学ぶ部屋
小島 操さん 石神井訪問看護ステーション相談室長・介護支援専門員<資料
中村秀一さん 厚生労働省社会・援護局長(前老健局長)<資料1資料2資料3>(※物語・介護保険2話24話
【コーディネーター】
北野誠一さん 東洋大学ライフデザイン学部教授 (※障害福祉政策激動の部屋その1その2
盲目の脳外科医、佐藤正純さん(※優しき挑戦者の部屋・国内編)のショートスピーチとお仲間のセミプログループ「ネクスト」とのスタンダードナンバーの演奏、そして、「ネクスト」の演奏をバックに、新たな「えにし」を結ぶ交流タイム。
ピアノ佐藤正純さん♪渡辺憲一さん/ドラム手塚好久さん/ベース久保田耕朗さん/アルトサックス平山恵一さん/ビブラフォン西村公貴さん
♪酒とバラの日々♪イパネマの娘♪ALL THE THINGS YOU ARE♪MOONLIGHT SERENADE♪
♪I LEFT MY HEART IN SAN FRANCISCO♪MOON RIVER♪ON THE SUNNY SIDE OF THE STREET♪
辻 哲夫さん 医療改革の最高指揮官、厚生労働審議官<資料>(※物語・介護保険11話14話
勝村久司さん 中医協委員、医療情報の公開・開示をもとめる市民の会事務局長<資料>(※医療事故から学ぶ部屋目からウロコのメッセージの部屋
坂下裕子さん 病児遺族わかちあいの会「小さないのち」代表<資料>(※優しき挑戦者の部屋・国内編14話
花井十伍さん 全国薬害被害者団体連絡協議会代表世話人<資料
松島貞治さん 長野県泰阜村村長(※物語・介護保険23話目からウロコのメッセージの部屋
【コーディネーター】
小宮英美さん NHK解説委員

■2005.4.23■

☆不可解な「痴呆性老人」から、まちでみんなで包む「認知症」へ
長谷川和夫さん あの「長谷川式」の
永田久美子さん 認知症介護研究・研修東京センター室長
大谷るみ子さん 大牟田を変えた仕掛け人ナース(※優しき挑戦者の部屋・国内編12話
北川憲司さん 元祖・カリスマ職員、滋賀地方自治研究センター理事(※優しき挑戦者の部屋・国内編1話
【コーディネーター】
泉田照雄さん 季刊「認知症ケア研究」編集長
厚生労働省老健局総務課長・山崎史郎さん(※物語・介護保険1話
障害保健福祉部企画課長・村木厚子さん(※障害福祉政策・激動の部屋
オモロイ自立生活センターメインストリーム協会副代表・玉木幸則さん(※優しき挑戦者の部屋(阪大ゲスト篇)
☆深い"河"を飛び越えたお医者さんと、変えた人々
川村敏明さん 浦河赤十字病院精神神経科部長(※目からウロコのメッセージの部屋
清水里香さん、山根耕平さん べてるの家(※優しき挑戦者の部屋・国内編9話
土橋正彦さん 市川市医師会長
竜円香子さん 市川市手をつなぐ育成会PAI代表(※優しき挑戦者の部屋・国内編18話
清水陽一さん 新葛飾病院院長
豊田郁子さん 新葛飾病院セーフティマネージャー(※優しき挑戦者の部屋・国内編11話
【コーディネーター】
鈴木敦秋さん 読売新聞社会保障部記者(※優しき挑戦者の部屋・国内編15話
★場所を変えて討論会風の二次会 「小さな奇跡」の謎をとく???

■2004.6.5■

☆濃縮シンポジウムT ボランティア 〜志のネットワーク〜
施設ケアの最先端を走り、いま、「もう施設はつくらない」という 市川禮子さん
ITの達人で社会学者、障害学会初代会長をつとめる 石川准さん
「ユニークフェイス」というユニークなネットの仕掛け人 石井政之さん
国際的視野で保健・医療を考えるMLの世話人で一流の研究者 粂和彦さん(※目からウロコのメッセージの部屋
【コーディネーター】
大阪ボランティア協会事務局長で、大阪大学客員教授 早瀬昇さん
☆さまざまな挑戦
見えない、聞こえない二人で、世にも珍しい本を書いた 松森果林さんと芳賀優子さん(※目からウロコのメッセージの部屋
在宅ケアを支える診療所・市民全国ネットワーク全国の集い実行委員長 苛原実さん
ラブレターは鼻で、お酒はストローで、そして16冊目の本を鼻で書いた 松兼功さん(※優しき挑戦者の部屋・国内編4話
☆濃縮シンポジウムU 地域生活も骨太で! 〜時代は逆風?でも志は高く〜
精神病院入院体験を活かして大阪の精神医療を大きく変えた 山本深雪さん(※精神医療福祉の部屋
まちで暮らす120人の精神病体験者の調査をした 武田牧子さん
知的障害のある人の地域支援の将来を担うホープ、「ふわり」の 戸枝陽基さん(※優しき挑戦者の部屋・国内編20話
父上の遠距離介護で四国通いを続ける自立生活運動の草分け 樋口恵子さん
介護保険と支援費の"結婚ばなし"をすすめる厚生労働省障害保健福祉部長 塩田幸雄さん(※障害福祉政策・激動の部屋
【コーディネーター】
全日本育成会人権擁護委員長で、毎日新聞の敏腕デスク 野沢和弘さん(※千葉・ちいき発
★番外篇 福祉と行政と政治の間柄を考える〜鷹巣でなにが起きたのか〜
(※福祉の町・秋田県鷹巣町がつくり上げたもの・失おうとしているもの
「政変」後の鷹巣の調査報告をまとめた大友信勝さん
ケアタウンユニオンの若者たち、前町長岩川徹さん、
羽田澄子さん/上野千鶴子さん
山崎章郎さん(※ホスピスケアの部屋)/松島貞治さん(※目からウロコのメッセージの部屋
【コーディネーター】
神宮寺の高橋卓志和尚

■2003.5.17■

國松善次さん 滋賀県知事
熊坂義裕さん 岩手県宮古市長
中西正司さん 全国自立生活センター協議会代表
松友 了さん 全日本手をつなぐ育成会常務理事
田島良昭さん コロニー雲仙理事長・前宮城県福祉事業団理事長
河村博江さん 厚生労働省社会・援護局長
【コーディネーター】
川名紀美さん 朝日新聞論説委員
☆さまざまな挑戦
大石佳能子さん メディヴァ代表取締役/用賀アーバンクリニック(※朝日新聞「be」2006.6.3より
浜田静江さん NPOたすけあいゆい代表
望月庸光さん オリエンタルランド・クリエイティブ業務部部長
森 功さん 医療事故調査会代表世話人
中村秀一さん 厚生労働省老健局長(※物語・介護保険2話
【コーディネーター】
迫田朋子さん NHK解説委員

■2002.5.11■

トップページに戻る